RESPECTからはじまる ・・・・・ 『より良い生活』 ⇔ 『より良い環境』                                 アール・ループ株式会社

environment

環境方針

greenlotus

リサイクル事業をとおしRLOOPが日々挑戦していることです。

◆ 資源有効利用
◆ リサイクルコスト低減
◆ 環境負荷低減

【 資源有効利用 】

使用済自動車をさらに『資源有効利用』するために、部品・素材としてどのようにすれば、そのモノの価値をさらに上げられるのか?『より精緻な解体分別』・『加工技術の開発』・『販路開拓』をとおし、『資源有効利用の追及』に努めております。

【 リサイクルコスト低減 】

いくら『リサイクル』と言っても、それを実現するために過大な労力やエネルギーが掛かってしまっては、かえって環境に負荷がかかってしまいます。そうなってしまっては本末転倒です。RLOOPは作業効率化を徹底的に追求し『資源有効利用』に掛かる『コスト低減』を進めております。

【 環境負荷低減 】

全ての業務を行う上で『設備の拡充』や『社員の環境教育』をとおし、ハード面とソフト面の両面から『土壌汚染』・『水質汚染』・『大気汚染』・『騒音・振動』等への対策を追求しています。また、上記の2項の環境方針の追求が、この『環境負荷低減』に多大に貢献しております。

環境方針


アール・ループ株式会社 環境方針


当社は、廃自動車処理、フロンガス回収及び中古自動車部品販売等の活動を通じて、地球環境の保全と汚染の予防を経営の重要課題と認識し、事業活動と地球環境の調和を目指すためこの環境方針を策定します。
以下の基本方針により、事業活動によって生じる環境への影響を認識したうえで、環境目的・目標を設定し、見直します。また、全従業員が環境問題に積極的に取組み、継続的に改善を行います。

1) 事業活動にあたって、汚染予防や環境負荷を低減させるために、次の項目に取り組みます。

 ① 廃棄物再資源化の拡大を推進致します。
 ② 省資源、省エネルギーを推進致します。
 ③ 環境負荷低減を推進致します。

2) 環境保全に関連する法規制及び当社が同意したその他の要求事項を遵守します。

3) 全社員が環境保全に対する意識を向上させ、環境方針が理解できるように環境マネジメントシステムの周知、実行、維持を徹底します。
また、外部からの要求があれば、環境方針を開示します。

2004年12月1日
アール・ループ株式会社
代表取締役 木内 俊之     

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional